2012年03月02日

【ジャンク派 連載小説】 チェン・スウリー作 『中央線を抱きしめろ!!』 第12回(最終回)

junk.chuo_line.jpg
► 電子書籍版(無料)で読む



前回までのあらすじ

閉店後、疲れて店内で眠ってしまったユウヤは、帰宅するときに目にした朝の高円寺に
新鮮なものを感じていた。コーヒーショップで、個性的な人びとを面白がって観察するうち、
自分がいつの間にか失っていた上京してきたばかりの頃の気持ちを思い出す。 
  
   
   
第12回(最終回)   


店内のBGMは、
こないだウチの店でもかけてた、サイモン&ガーファンクルだ。
“明日に架ける橋”が、
安っぽい(失礼っ!)イージーリスニングの
オーケストラヴァージョンで流れている。
 
オレは、ふと兄貴のことを思い出した。
今の兄貴こそ、「不安定」真っ只中じゃないか……

この高円寺で、
不恰好でも、必死になって模索してる人たちとまったく同じだ。
 
それなのに、そんな兄貴に、オレは少しも共感するものすら見せず、
ただただ邪険に扱ってしまった。

酷いは、オレ……
高円寺住人として失格過ぎる。
 
不安定なるものに、誰よりもやさしいのがこの町のはずだろっ……
中央線の精神なんて言っておきながら、なんも理解してないじゃん。
 
兄貴は、ちっちゃい時から、
オレにいつもとってもやさしくしてくれてたのに……

それは、親からひいきにされてた兄貴が、負い目を感じての、
子どもながらに見せたオレへの気遣いだったのかな?
 
思えば、とっても気遣いの人だったよな、兄貴は。
 
バカにして、毛嫌いしてた自分の方が、よっぽどバカやん。
それに、オレ、めっちゃ、かっこ悪い。
 
ごめんね、兄貴。
 
あっ! そういや、兄貴、京大の大学院、
合格(うか)ったって、言ってたね。
オレ、まだ、おめでとう言ってない……
 
兄貴は、不安でいっぱいだったんだ。
オレのとこ来たのも、どうしようもなく、不安な気持ちで、
いてもたってもいれなくて来たんだろう。
 
もしかしたら、たったひとりの兄弟の、
昔のいい思い出を引きずって、オレに会いたくなったのかな?
 
何かを追ってるオレの姿を、思い描いて来てくれたのかな? 
そして、そこから、
なにかしらの励みになるものを見出したいと思ってたのかもしれない。
 
そんな兄貴の気持ちに、オレは少しでも応えてやれたかな?
いやいや……、それどころか、ただでさえ、失望にくれ、
この先の将来のこと、どうしたらいいのか思い悩んでる兄貴に、
ますます失意を抱かせちゃったんじゃないか。
 
あの勘のいい兄貴なら、
オレが兄貴のこと、バカにして、見下してるの、きっと伝わっただろうし。
 
もう、いてもたってもいられない気持ちになった。
一刻でも早く、兄貴に電話して、おめでとうを伝えなきゃと思った。
それが、せめてものつぐないに思えた。
それくらいしか、思いつかなかったし……
 
兄貴から店に電話があった日から、もう何日も過ぎてて、
ほんと今更だけど……

けれども、心の底から、おめでとうを伝えれば、
少しは、冷たかった自分を悔やむこの気持ちも救われる気がした。
 
今からでも、遅くないよね……?
そう思って、オレは、慌てるようにして、店を出た。
 
さっきの、南米みたいな女の人が、
プイって気を悪くしたような表情をして見せた。
けど、オレには責任ないんだし。

それより電話。 
携帯のなかの兄貴の番号を呼び出してすぐに、通話ボタンを押した。
 
出ない……
 
わぁ〜、なにやってんだよ、兄貴……
また、ちょっとしてからかけてみよう。
それまで、なんて言えばいいか、もっと考えてみよう。
きちんと話し出来るかな……
 
少し歩いてからまたかけた。
今度は、数回目のコールで、兄貴は電話に出た。

「おうっ、ユウヤ。どうした?」

オレは、心からの気持ちを込めて、おめでとうを言った。
あまり話すことはなかったけど、これで充分だと思った。

ぽつりぽつりと、兄弟の会話ができた。
兄貴は、全部わかってくれてるように思った。

「電話、ありがとうな。俺も、がんばってみるよ」 
 
電話してよかった。
 
肩の荷が下りた。
いやいや! そう思うには、まだ早い……!
 
オレには、もうひとり、電話しなくちゃいけない人がいる。
一息入れる間もなく、携帯のアドレス帳からその人の名前を探した。

 
 tululululu. tululululu. tulululu.....


「あ、もしもし、ユキ?
 ユウヤだけど……
 あっ、こないだのこと?
 そんなん、気にすんなよっ。
 あのさー、
 ユキに、ちょっと頼みたいことがあって、電話したんだよねっ……
 あの、もし、ユキさえよかったら、
 ウチの店、ユキ、手伝ってもらえないかな?
 前、ニートだって言ってたでしょ?
 そうそうっ…… 
 こういう水商売って、カウンターの中に女の子が立ってる方がいいんだよっ……
 ユキに来てもらったら、助かる。
 あ、けど、商品の酒に手を出すのは、なしだよっ……(笑)
 やってもらえるかな?
 それにさぁ…… 
 それに、オレ……
 ユキにずっと、そばにいてもらいたいんだ」


「えっ……?」
 電車の通り過ぎる音と一緒に、電話口からユキの驚く小さな声が聞こえた。

 
もう一度、オレはやり直してみよう!
希望が見えてきた気がした。
何より、今度は、ひとりじゃない。

中央線は、青春って言葉のとっても似合う電車だ。
今日も、多くの人の希望や不安をいっぱい乗せて、
この東京の空の下、力強く、オレンジの電車は駆け抜ける。
負けないぜー! 東京なんかに、負けてたまるかよー!



[付記]

 東京の東西を、旧国鉄時代の1979年以来の長きに渡り走り続けてきた、JR中央線201系のオレンジの車両(中央線 快速、中央特快)は、2007年頃まで、その姿を見かけることができましたが、惜しまれつつもその任務を終了し、ついに現役を引退することになりました。
 中央線と言えば、あのオレンジ車体という根深いイメージがありますが、201系の引退により、中央線は山手線同様シルバーの新車両に入れ替わり、あのオレンジ色は、車体に引かれたラインに面影を残すのみとなりました。
 けれども、多くの「若者」に青春の忘れえぬ思い出を与え、「文化は中央線によって運ばれる」という言葉すら生んだこの頼もしいオレンジ車両は、輝きの失せない大切なものを我々の心に残し、いつまでも風化しない姿のまま、これからも永遠に走り続けてゆくことでしょう。
そしてまた、そのスピリッツを受け継ぐまだ無名の若者たちが、「東京」という名の魔物と必死に取っ組み合いながら、新しい「中央線カルチャー」を創造し、多くの物語が、この地より、これまで同様、発信され続けてゆくはずです。
 あり余る程の夢や希望、挫折や失望と、青春の怒涛のエネルギーと共に。


CCF20111216_00000.jpg

中央線を抱きしめろ!! 完



[前の頁] ・ [はじめから読む]
    
★ 電子書籍版(無料)で読む



表紙イラスト・デザイン : 二階堂 ちはる


posted by ジャンク派 at 18:58 | Comment(0) | 【中央線を抱きしめろ!!】

2012年03月24日

【純情喫茶小説 1】 「富士山コーヒー」 チェン・スウリー著

junnjoukissa01.jpg
► 電子書籍版(無料)で読む


  
ののちゃんは、
やっぱり少しかわってるなぁ…
とターターは思った。

だって、
こないだふたりで喫茶店にいった時も、

ののちゃんは、
紅茶のポットのふたをはずして、
それを真横から見つめ、

ねー、これ、
帽子かぶってる人に見えるでしょ?

って、いきなり言ってくるんだもん。

ターターは、一瞬のけぞったけど、

あまりに、自然に、
ののちゃんがそう言ってきたから、

ポットの取っ手のとこをののちゃんに向け、
じゃ、これ見てると象にみえてくるから、
って、切り返した。

ターターは、
突拍子のないことを言うののちゃんに
いつもびっくりしつつも、
こういう会話、実はちょっと気に入っていた。

ターターと、ののちゃんが出会ったのは、
まだほんの3週間くらい前のことだった。

歌舞伎町のちっちゃなバーで、
ターターの隣に、ののちゃんは、座っていた。

しかし、偏屈なマスターのやってる
歌舞伎町の汚い雑居ビルの片隅の
この変わったバーに、
なんで二十歳そこそこの女の子がいるのか…?

キミ、なんでこんなとこにいるの?
ひとりで、この店にきたの?

ターターは、
興味津々で、この子にたずねた。

ののちゃんは、
この店、古ーい変な歌ばっかりかかってるから、
面白くて来てるのだと言う。

この店は、
マスターの趣味だか、
さっぱり聴いたことのないような、
戦前の歌謡曲ばかりかかっていた。

ターターは、
わぁ、この子、なんなんだろう…!
って、強く引かれるものを感じた。

それから、
ふたりで会うようになった。

ターターは、
普段は、大学で講師をしていた。
美術大学の学芸員課程を受け持っていた。

しかし、
ターターは、
学生の程度の低さに、
普段からほとほと嫌気がさしていた。

だいたい、美術を勉強してるのに、
なんだこいつら!

美術に情熱を持ってる人間が、
まったくいないじゃないか…

ある時、
学生たちを連れて、
美術館に行ったことがあった。

その時、
ある女子学生が、
ターターにたずねてきた。

先生、この作品は、
どういう意味なんですかぁ?

ターターは、
内心、冷え冷えするものを感じていた。

ほんとは、
意味なんか聞くなボォケェ!
って言ってやりたかった。

こいつらは、
適当な解説が付いてないと、
作品を安心して、観ることもできないんだ。

こういう連中が、
やがて学芸員の資格を取得して、
知りもの顔で、ひどい解説をまたつけやがる。

なんと、インチキな連中の多いことか…
作家も、たまったものではない。

だいたい、
この女子学生をはじめ、
こういう連中は、美術を愛しているのではなく、
美術をとりまく周辺の
「雰囲気」を愛しているに過ぎない。

頼むから、
さっさと、田舎に帰って、
お嫁さんにでもなってくれ…

私、美術鑑賞が趣味なんですって、
ほざいて、いい趣味ですねって、
ちやほやされてろ!
ボォケェ!

ターターは同様に、
昔から、自分の書いた詩を読んでください
って、言い寄ってくる女の子たちも苦手だった。

だって、
感想は?とか聞かれても、
趣味悪いですねとしか答えようがないんだもん!

しかし、
自分の感受性を声高にアピールしてくるような
うんざりする連中に比べ、

ののちゃんは、
レベルが高すぎた。

不思議ちゃんを、
演じているのでもない。

それにしては、ネタが豊富すぎると思った。

ある時は、
タルタルソースの由来について、
ふたりで話し合った。

ののちゃんの説によると、
タルタルソースの
タルタルとは、「足る足る」のことで、

つまり、
それがあれば、
充分にことが「足りる」

万能のソースですよっ
て、ことらしい。

うーん…
そういう気もしないでもない。

また別の日には、
“おっちょこちょい”の語源について、
意見を述べ合った。

その時、
同義語に“すっとこどっこい”
ってのがあることを、
ののちゃんが指摘し、

ひとをけなすにしても、
この言葉は、あんまりではないかと
まじめに語るののちゃんに、
ターターは、笑いをこらえることができなかった。

ののちゃんは、ののちゃんで、
ターターの、このくったくのない笑顔が好きだった。

まじめな人なのに、
笑顔がかわいいと思った。

それに、
自分のこのへんてこな会話に、
こんなにくいついてきてくれる
ターターの教養の深さに、
なんとなく憧れを抱いた。

ある時、
上野公園をふたりで散歩してた時、

寒いから、
温かいコーヒーでも飲む?
と、ターターが言うと、

自動販売機の前で、
じゃ、わたし、富士山コーヒーにする
と、ののちゃんが言った。

ターターは、
一瞬、ぽかんとしたが、
ののちゃんが指差してる方を見て、
すぐに、
それがジョージアの青い缶のコーヒー
であることを理解した。

これは、富士山じゃないよ。
ターターはそう言って、
温かい缶コーヒーをののちゃんに放り投げた。

ののちゃんは、
それをキャッチすると、
え?富士山だよ?
って、返事した。

バカだな、どう見たって、
富士山じゃないじゃん、見てみ!

じゃ、なんの山なの?

エメラルドマウンテンとかって、
書いてるよ。

なに、エメラルドマウンテンって?
どこの山?

知らないけどさ…

じゃ、富士山でいいじゃん。

え?おかしくね?それって…

ポッカのコーヒーを「顔のコーヒー」
っていうのと同じだよっ

けど、顔のコーヒーは、認知されてるけど、
富士山コーヒーなんていう人いないから!

実に、どうでもいいことだった。

けど、なんでだろう、
なんかカリカリして、
この日、大人気なく、
ターターは、突っかかってしまった。

ののちゃんも、
もともと勝気な子だったから、
少しふくれて、
バカっていう目つきでターターを見つめた。

わたし、仕事だから。

ののちゃんは、そう言って、
駅に向かった。

ターターは、黙ってうなずいた。

ののちゃんは、歌舞伎町で、
キャバクラのアルバイトをしていた。

あまり、ターターは、
ののちゃんのことについては、
知らなかった。

どこの店で働いてるのか?
売れっ子なのか?
客にどんな接客をしてるのか?

あるいは、
ターター自身も、
ののちゃんにとっては、
何人もいる「旦那」のひとりに過ぎないのか…?

そんなことは、
考えてみたくもなかった。

けど、なんか、
今日はそんなことばかりが、
ぐるぐる頭の中をよぎった。

そんな気持ちをまぎらわすように、
湯島のバーで、
ターターはめずらしく深酒をしてしまった。

気持ち悪い。

なんか、いてもたってもいれない気持ちだった。

タクシーを止めると、
ターターは、歌舞伎町に向かった。

働いてる店の名前くらい、
聞いとくべきだったよ…

ターターは、
とんでもなく自分は間抜けであると思った。

仕方ないから、
歌舞伎町をぶらついた。

客引きのお兄さんたちが、
ひっきりなしに声をかけてきた。

あの、ののちゃんのいる店、
知ってますか?

そう聞きたかったけど、
わかるわけもなく、
ただ、あてもなくほっつき歩いた。

区役所通りの入り口、
新宿文化センターに抜ける細道のとこに、
いつも「新宿の母」がいる。

ターターは、
なんとなく顔見知りになってたから、
前を通る時には、
いつも声をかけていた。

おばちゃん、寒いね、今日は…

あ、お兄ちゃん、ちょうどよかった。
おばちゃんね、ここ、動けないから、
すまないけど、ちょっと、おつかい頼めないかね…?

いいよ。ひまだし。

そこの、サンクスで、
温かい缶コーヒー買ってきてくんないかね。
お兄ちゃんのも、買っていいから。

そう言って、新宿の母は、
ターターに5百円玉を渡した。

うん。わかった。

おばちゃんは、富士山コーヒーね。
お兄ちゃんは、なんか好きなの買っていいから。

え…?

ターターは、聞き返そうと思ったけど、
よした。

新宿の母は、はっきりと、
富士山コーヒーと言っていた。
間違いなかった。

あ、あの富士山のやつね…

そうつぶやくターターは、
自分のことをバカだと思った。

結局、ターターは、
サンクスで、富士山コーヒーを2本買った。

おばちゃんと一緒に、
温かい缶コーヒーを飲んだ。

おばちゃんと話しながらも、
頭の中は、ののちゃんのことでいっぱいだった。

ののちゃんは、
自分よりも、もっと広い世界を知っているんだと思った。

ターターは、
学生くらいの年代の若者をみると、
無条件で、バカにしてしまってるのは、
これは、自分は職業病だと思った。

なんか、
ののちゃんに対する自分の気持ちを悔いた。

そして、
ある決心が、ふつふつと自分のなかに
沸いてくるのを感じた。

今日、ののちゃんに、
この自分の気持ちを伝えよう。

好きですって、伝えよう。

この多くの人の行き交う大歓楽街で、
めぐり合うことができるかどうかもわからないのに、

ターターの気持ちは、
温かくなった。

もちろん、
手に握り締める富士山コーヒーの温もりは、
とってもやさしかった。

富士山コーヒー、
なんて、ナイスなネーミングなんだろう!

ナイスって言うのも、
微妙に古いよな、くくくっ…(笑)
    



表紙イラスト・デザイン : 萩原 知世
   
   
   
Copyright (C) 2012 CHEN,Shu-Li All Rights Reserved.
   
  
posted by ジャンク派 at 13:12 | Comment(0) | 【純情喫茶小説シリーズ】